2013年12月16日

SOLIDWORKS2014 リリースされました

2013年11月下旬、SOLIDWORKS2014 がリリースされました
SOLIDWORKS2014 新機能(メーカーサイトより)


1 詳細な形状コントロール

複雑なサーフェスや有機的な形状を迅速かつ簡単に作成し、より正確に制御します。

• 新しいスタイル スプライン機能により、複雑なジオメトリを迅速かつ簡単に作成
• スプライン ジオメトリの曲率コントロールを改善し簡素化
• 新しい円錐フィレット コントロールにより、よりスムーズなフィレット曲面を作成。

2 スケッチ機能を強化

より堅牢で強力なスケッチ機能により、概念化と設計が迅速かつ簡単になります。

• スケッチ エンティティの置き換え
• 最初の寸法を追加するときにスケッチとスケッチ図のスケールを変更
• 2D スプラインの固定長さ寸法
• 複数のスケッチ エンティティのパス長の寸法 - ベルト、チェーン、ケーブル、円周など

3 アセンブリのパフォーマンスと視覚化を強化

アセンブリを迅速かつ簡単に作成して表示します

• 新しい前後関係クイック メイト ツールバーを使用して、アセンブリを迅速に作成
• 断面表示 - 選択したコンポーネントを含める/除外する
• 断面表示パフォーマンスを大幅に改善
• 穴ウィザードで部品のスロット フィーチャーを作成し、新しいスロット メイトでアセンブリの作成を迅速化
• 分解ステップに回転を増やしたことで、部品が自動的に回転

4 設計コミュニケーションとコラボレーション

いつでもどこでも、設計のアイデアを実物のように体験してコミュニケーションできます

• eDrawings モバイル アプリとeDrawings Professional iOSモバイル アプリを使用することで、拡張現実(AR)で3次元設計を実際に体験
• eDrawingsモバイル アプリがAndroidデバイス(4.0以降)に対応
• SolidWorks Electrical回路図でeDrawingsファイルをワンクリックで作成

5 新しい板金フィーチャー

製造に必要なデータの出力が改善されたので、板金形状を迅速に作成できます

• 補強リブを作成するための新しい板金溶接リブ フィーチャー
• 板金コーナー トリートメントのコントロールの改善
• プレス ブレーキ製造に必要な情報を含む板金とロフトベンド

6 シミュレーション設定の効率化

シミュレーションを効率化し、重複作業を排除することで、コンカレント エンジニアリングを実現します

SolidWorks Simulation では、シミュレーションのため次のデータが自動的に活用されます。
• Toolbox ファスナー定義 - SolidWorks Simulation のボルト結合用の位置、ボルト素材、プレロードを含む
• SolidWorks Flow Simulation の電気部品から取得する熱プロパティと基板定義
• SolidWorks Simulation の SolidWorks Plastics から取得する金型内残留応力と温度データ

7 より速くなった詳細図面の作成

詳細な図面の作成をより迅速かつ自動化された形で実行できます

• 角度累進寸法を作成
• テーブルの行の自動制限を設定
• 参照を失わずに部品図面をアセンブリ図面に変換
• スロット バルーン注記

8 SOLIDWORKS ELECTRICAL で統合とパフォーマンスを改善

プロジェクト コラボレーションを改善するため、電気設備設計の最適化、共有、追跡を簡単に行えるようにします

• eDrawings でレビューするための回路図とアセンブリ ファイルをボタン1つでパブリッシング
• 電気プロジェクト ファイルを SolidWorks Enterprise PDM にワンクリックでチェックイン/チェックアウト
• 最適化されたルーティングにより強化されたワイヤ/ケーブル/ハーネス設計機能

9 SOLIDWORKS ENTERPRISE PDM でワークフローを効率化

ドキュメント アクションを迅速かつ正確に実施し、最新のファイル バージョンを自動的に取得できます

• 会社固有のデータ用カスタム データ列を使用してユーザー インターフェースをカスタマイズ
• 自動キャッシュ管理で、ユーザーのログイン時とログアウト時に指定フォルダをキャッシュおよびクリア
• Word、Excel の Microsoft Office ユーザーインターフェースからボルトへ直接操作可能

10 コスト見積もりとレポートを効率化

部品のコストを少ない設定で迅速に見積もり、コストデータを下流工程のアプリケーションでより効果的に共有できます

• 新しいオプションにより、コスト見積もり方法の選択と制御が可能
• 材料除去の平均コストに基づく新しい見積もりタイプにより、Costing の設定を簡素化
• Microsoft Excel で統合および出力できる Costing カスタムプロパティが増加し、コスト データの共有がこれまでより改善

=================================
詳しくはお電話でお問い合わせください。
株式会社 マクロス
技術グループ TEL 042-537-1113



posted by マクロス at 14:26 | TrackBack(0) | SolidWorks (ソリッドワークス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

SolidWorks 2013 新機能のご紹介

SolidWorks2013新機能(メーカーサイトより)

SolidWorks 2013には、3次元設計、設計検証、テクニカルコミュニケーション、製品データ管理、および環境に配慮した設計のためのSolidWorksソリューションの全範囲を対象に、生産性を最大化させる200を超える新しい機能と拡張機能が含まれています。

新製品 SolidWorks Plastics

SolidWorks Plasticsを使用することで、プラスチック部品や射出成形金型の設計時に早い段階で潜在的な欠陥を見つけて対処することが容易になります。数千もの市販プラスチックを対象に、ウェルドライン、ヒケ、複数キャビティレイアウト、ランナーバランスを解析できます。

設計段階で射出プロセスをシミュレートすることで、製造に入る前
に潜在的な問題を特定して、コストのかかる不具合や作業やり直しのリスクを回避します。


以前のリリースとの相互運用性

SolidWorks 2013とSolidWorks 2012(SP5)が混在する環境で、顧客、サプライヤ、社内チームと共同作業を行うことができます。ファイルを直接開くことができ、関連性が維持されるため、エクスポート/インポート操作は必要ありません。

異なるチーム間の共同作業やファイル交換の効率を向上させ、遅延
を減らします。


円錐カーブ

新しいスケッチ機能により、端点とrho値により駆動される円錐曲線を作成できるようになったため、スプラインや関係式を使用することなく、楕円、放物線、双曲線を作成できます。


本当に必要なプロファイルを作成するための円錐ジオメトリを簡単に作成できます。また、既存のジオメトリ間の制御機能が向上しているため移行がスムーズになり、設計の質が向上します。


フィーチャー フリーズ
フィーチャー フリーズを使用すると、特定のフィーチャーを再構築する/しないを制御できます。既にあるフィーチャーを再構築することなく、別のフィーチャーを追加できます。フィーチャー フリーズはいつでも解除できます。

フィーチャーの再構築が望ましくない複雑なモデルの設計時間を大幅に短縮します。

交差フィーチャー

新しいモデリングツールにより、ジオメトリの追加や削除が1つの操作で行えます。ソリッド、サーフェス、平面の交差のほか、ソリッドのマージやサーフェスのキャップにより、閉じたボリュームを定義して複数のジオメトリを同時に作成できます。


交差ジオメトリから複雑な設計を素早く簡単に作成、変更できます。


断面図ツールの機能強化

断面図ツールの機能が強化され、図面の断面図を短時間で作成できるようになりました。置換もドラッグアンドドロップ操作で簡単に行うことができます。クリックしてドラッグし、ジョグ操作するだけで、断面のプロファイルを素早く変更できます。

断面図の作成を簡素化および自動化して、手動での断面スケッチ作
成を不要にすることで、迅速な図面作成を可能にします。


CAD Admin Dashboard

SolidWorksソフトウェアを実行している社内の各コンピュータのパフォーマンス、ハードウェア状況、SolidWorksシステムのオプション設定をオンラインダッシュボードで追跡します。SolidWorksカスタマーポータルを通じてどこからでもアクセスできます。

SolidWorksワークステーションの状況やパフォーマンスを素早く簡単
に監視できます。設計チームは、最大限の効率を維持しながら作業を円滑に進めることができます。


寸法パターンフィーチャー

直線/円形パターンフィーチャーの新しいオプションにより、パターン全体または各インスタンスで、個別にフィーチャーの寸法とインスタンスの位置を段階的に可変できます。

パターン作成の時間を節約し、設計の柔軟性を向上させるととも
に、モデルに必要なフィーチャーの数を減らします。


SolidWorks Costingの機能強化


Costingの機能強化により、製造プロセスの範囲が拡大し、認識機能が強化されました。回転体、旋盤加工、マルチボディ部品のサポートとともに、下流の製造工程のデータにアクセスする新しいAPIが追加されています。

さまざまな種類の部品のコストを自動計算し、より正確なコスト見
積を作成して、データを速やかに製造工程に渡すことができます。


SIM ULATION のサブモデリング

設計のサブモデルスタディを簡単に作成して、特定の領域に関する正確な結果を得られるほか、フルモデルに適用される荷重や境界条件を自動で利用できます。


大規模で複雑なモデルの特定領域について、的確なシミュレーション解析をより迅速かつ効率的に実
行できます。



=================================
詳しくはお電話でお問い合わせください。
株式会社 マクロス
技術グループ TEL 042-537-1113

posted by マクロス at 15:18 | TrackBack(0) | SolidWorks (ソリッドワークス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

SolidWorks2010 最新情報

ユーザーからの要望を基に、設計者やエンジニアの日々の作業効率を高める機能が約 200 追加されています(メーカーホームページより)

SolidWorks2010新機能
SolidWorks SustainabilityXPress
材料の生産、部品の製造、および製品が使用され廃棄される方法や場所が考慮され、製品設計の環境影響をリアルタイムに把握できるようになります。

図面の詳細設定のためのラピッド寸法
図面ビューに寸法が挿入されると寸法のマニピュレータが表示されます。このマニピュレータにより、寸法が自動的に均等に配置されるため、時間と労力が節約されます。

アセンブリでのミラー構成部品の機能強化
ミラー化された構成部品と元になる構成部品の関連が維持されるため、作業の効率化と管理が容易になります。

板金部品のマルチボディ サポート
複雑な板金設計の作成が簡素化されます。この新しい機能により、他の板金部品や溶接部品を含む設計情報を容易に組み込むことができます。

マウス動作によるヘッズアップ ユーザー インタフェース
スケッチ、部品、アセンブリおよび図面用に、マウス動作によるショートカットをカスタマイズできるため、CAD アプリケーションの操作ではなく設計に集中できます。

板金の DXF/DWG へのエクスポート機能
新しい DXF/DWG 出力機能を使用して、板金ファイルを .dxf または .dwg ファイルにエクスポートすることにより、製造工程用ファイルの作成時間を短縮できます。このツールでは、エクスポート ファイルに含まれる内容を確認および編集できるため、ベンド ラインや皿穴のエッジなどの不要なアイテムをすばやく削除できます。

Configuration Publisher
モデルのコンフィギュレーションをルールに従って作成できます。これにより、柔軟性が向上し、より多くのコンフィギュレーションをモデルの使用時にその場で作成できます。

イベント ベースのモーション シミュレーション
時間に加えて、イベントやアクションをベースにモーション シミュレーションを作成します。時間だけでなく、前のタスクの完了またはモーション センサーのアクティブ化でアクションをトリガできるようになりました。イベント ベースのシミュレーションにより、特にタイミングが不明な設計の初期段階での柔軟性が向上します。

SolidWorks Enterprise PDM のコンフィギュレーションのサポートの強化
コンフィギュレーションをユニークな部品番号として使用することで、1 つのファイル内に複数の部品番号のリビジョンを保存できるようになりました。コンフィギュレーションの柔軟なリビジョンによって、コラボレーションが促進され、効率が向上します。

3DVIA Composer の SolidWorks コンフィギュレーションのサポート
3DVIA Composer で SolidWorks コンフィギュレーションがサポートされるようになったため、SolidWorks データを容易に再利用して、コンテンツが豊富なドキュメントを作成できます。

他にも、正接する参照平面、インポートデータに対するインスタント3D(ダイレクトエディティング) など、新機能・改良が加えられています。
新しい情報が入り次第更新いたします。

posted by マクロス at 16:24 | TrackBack(0) | SolidWorks (ソリッドワークス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。